自己流復縁が危険な理由~9日目・10日目

9日目。ついにマニュアルを買う。
ここに至るまでには少し考えることがあって…

1週間を越えて、冷静さはとりあえずあるものの
高まってくるのは彼女への気持ち。
復縁したいけどやっぱり不安。
冷却期間を置かないといけないのはわかるけど、やっぱり不安。
この不安な気持ちをどこにもっていけばいいのか…これが一番不安。
自力復縁のむずかしさを痛感していたところだった。

なんせ、誰にも相談できないような悩み。
相談すれば「新しい人見つけろ」の返答
これは、本当に苦しい。

だから、サポートがいる。
そのサポートを、お金を出して買うのだ、と心に決めて
高いお金ではあるが意を決して購入。

ある意味では、これで後戻りはできないな、ということ。
復縁しなければ、このお金が無駄になってしまう!という背水の陣感。
これが自分を後押ししてくれる。

マニュアルにもいいことはたくさん書いてあるので
もちろん使えるに決まっているけども
でも一番の安心感は、サポートがついている、ということだ。

さらにもらえる特典。
これもまた、自分にとっては心安らぐ逸品である。

今回分かったことは、自己流復縁の危険性。
・自己流復縁は、別れた原因を「表面だけ」しか追えない。
自分では、別れた原因を「深くまで」追求したつもりだった。
「好きな人ができた」は表面上で、本当は「自分が重くさせちゃったから」というのが真相だ
というのが、私の初めの別れの原因の見立てだった。

しかし、自分でも驚くほど
深い、根本的な原因が登場してくるのである。

この原因が自分の中で明らかになったとき
ふっと肩の力が抜けて、心の底から、こう思えるようになった。

復縁したい、なんてちっぽけなことなんだな。

自分は、私の気持ちと彼女の気持ち、ここまでちゃんと向き合ったのは
30年ほど生きてきて初めてだったのかもしれない。

もちろん、彼女と復縁して、自分も彼女も楽しい毎日を送りたい
というのは、心にある。
彼女を幸せにするのは、自分だ、と。
でも、それは至極当たり前のことで
それよりももっと、大切なことを気づかされたような気がした。

それは、彼女は彼女の人生がある、ということ。
文字にすれば陳腐で使い古されているけど
心の底から、それを感じることができたのは
自分の人生で大収穫だったかな、と思う。

・自己流復縁は、勢いで行っちゃう。
NG行動と呼ばれる行為がある。
別れ際に泣いてすがる、とか
別れた後もしつこく連絡する、とか、そういうやつ。
これをすると、追いかけられた相手には当然逃げられてしまう。

冷静になって考えればわかることでも
フラれた当人は興奮状態でわからないことだらけ。
冷静になっているつもりの自分でも、
感情の起伏があって、連絡したくなることがある。

自己流復縁は、ここの制御が難しい。
なぜなら、止めてくれる人がいないから、である。

マニュアルやサポートでは
「冷却期間って何のためにあるのか」「それをどのように過ごすのか」
が、具体的に、熱心に書いてある。
それを見ると、冷静になって、自分のできることに没頭できる。

とくにマニュアルで
「冷静ですか?」
「いいえ、あなたは冷静ではありません」
「冷静になりましょう」
「いえ、まだ冷静にはなれていません」
何度も言われると

んー確かに冷静じゃないかも

という気持ちになる。
それを見て、客観的に見つめ直せるのである。


とまぁ、気づいたらもう10日たっていて
すぐ復縁してやるぜ!なんていう意気込みはどこへやら
まだまだ時間はかかりそうな予感。


でも。


今の落ち着いた気持ち、彼女に対する力の抜けた結論
これを胸に自分磨きを続けていけば
いつか、笑える日が来るさ。
そんな気がしてなりません。

むしろ、自分磨きが終わってないから、1週間後復縁とかやめてね、なんていう
心の余裕まであって(笑)


何にも進展していない今でも
十分幸せだなって
なんかそんな感じがしてきた。

彼女がいなくても幸せ。でも彼女がいればもっと幸せ。


どこかの引越し屋さんのCMみたいになった(笑


→ 11日目に続く

===
下のリンクから7ステップのマニュアルを購入いただいた方は、私のメールサポートをつけます。
復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

この記事へのコメント

=====
メルマガ登録はコチラから
プラのメールマガジン
今なら無料レポートプレゼント実施中
=====