とっても不思議な感覚。~83日目・84日目・85日目

こんばんは。訪れてもらってありがとうございます。
復縁を目指して日々行動する「プラ」といいます
⇒ はじめましての方はこちらから


彼女にはどうやらお相手が存在するらしい。

フラれた際に、別れの原因として挙げられたその人と
どうやらいい感じで進展しているらしい。
1日目からの様子はこちらから

お二人で泊りがけで、旅行に行ってくるらしいのである。
なるほど、そりゃうまくいってますわな。

復縁生活85日目にして告げられる、残酷な真実。
この、復縁をがんばる人々にとって、死亡宣告にも近いこの発言に、私は

へぇー

この程度の反応しかなかった。


強がりでもなんでもない、心の底から思った感情。
むしろ、なんだ、順調なんじゃん、よかったじゃんくらいの感覚。
なんでなんだろう。自分でも不思議。

不思議すぎて、自分に問いかけてしまう。
もしかして、彼女のこと好きじゃなくなっちゃったの?なんて。
でも、そんなことはない。復縁したくてしょうがない。
でも、なんにもあわてることがない自分がいる。

お相手ってどんな人なんだろう、という気持ちはもちろんある。
顔も見たことがない、私の彼女の心を奪っていった人物。
本来なら、憎たらしくてしょうがない人物のはず。
それでも、その人を深く知ろうなんてことも思わない。
それは、興味がないとか、見たらイライラするからとかそういうネガティブ感情ではなく
彼女が選んだお相手だから、悪いヤツなわけない。という変な自信(笑)

だから、旅行も楽しんできてほしいな、と心から思う。
旅行がつぶれろ、なんて思っても、オレどうすることもできんし(笑)
だったら、彼女が幸せな方がいいに決まってる。

なんでこんな心境になっているのかな。とても不思議。

思い起こせば、別れて1ヵ月間は、彼女と復縁するために、を前面に出していた。
それが、自分と会話をする術を覚えてから
ウォーキング中に自分を褒めるという行動で自分の内面を癒し、磨いていた。

その頃、携帯が壊れる。
今思えば、あれによってLINEへのアクセスが絶たれて、真の冷却期間が始まったように思う。
初めメールをすることをがんばって止めていた自分はどこかへ行き
いつしか、必要があればメールをする機会もあるでしょ、というレベルまで落ち着く。

自分を癒し、自分が自分をきちんと認められるようになったとき
「彼女に連絡するか否か」というようなちっぽけな悩みから解放されたような気がした。
結局自分を幸せにするのは自分。それは彼女も同じ。

そして、彼女から連絡がきた。そこから、怒涛のような1ヵ月間。
他愛のないやり取りもできるようになった。顔を合わせることもできた。
そのうれしさを胸に、自分磨き続行。

彼女にお相手がいるかどうかは、実はたいしたポイントではなく
この場合は自分がどうしたいか、ということだけなのだろうと思う。


私は、この件でラッキーだな、と思ったことがいくつかある。
・今の気持ちをアピールしようとか変なこと考える前でよかった。
・お相手ができることで、自分の良さを認識してもらえる可能性が出てきてよかった。
・顔を合わせる機会があるので、自分をアピールできる可能性ができてよかった。
・彼女が好きであるという気持ちを自分から引っ張り出せてよかった。

こんなにラッキーが続いちゃって大丈夫かな、自分は相当レベルが上がったんじゃないか。
それゆえ、私の心は「復縁できる気しかしない」という気持ちになぜかなっている。
お相手上等。闘ってやろうじゃないか、という心理状態。


記事にすると、かなり無理しているように見えるし、話の筋道が通ってないので、焦っているように見える。
でも、この記事を書いている瞬間も、恐ろしく落ち着いている。
どこかで反動が来るのかもしれないけど、反動が来れば「反動が来たねぇー」と自分を慰める術も持っている。

何にも怖いことはない。自分の気の赴くままに、自分を磨く。

どうせ復縁しちゃうから、のんびり楽しみましょう。


⇒ 86日目・87日目に続く


===
復縁したくてしたくてたまらない、そんなあなたは「7ステップ」の購入を検討してください。
私からの特典も、おつけできます。
「7ステップ」のレビューをまず読んでください

この記事へのコメント

=====
メルマガ登録はコチラから
プラのメールマガジン
今なら無料レポートプレゼント実施中
=====