事態の速度と気持ちの速度。~93日目・94日目

こんばんは。訪れてもらってありがとうございます。
復縁を目指して日々行動する「プラ」といいます
⇒ はじめましての方は先にこちらを読んでみてください


よく見たら最近の様子をあまり書いていないので
書き連ねてみることに。

会って食事をして、私の気持ちを彼女にきちんと伝えたあの日から
メールのやり取りはほとんど毎日。
はじめは仕事に関する事務メールから他愛のない話へという流れだったのが
最近はプライベートメールから事務メールへと移行するパターンになる。
絵文字や顔文字がふんだんに使われて
付き合っていたころに、いや付き合っていたころよりもスムーズにメールのやり取りができる

会って話す機会も増えて、簡単な相談事をされるまでに至る。
この間はついに、現在のお相手に対するちょっとした不満をぶつけられた。

8月に入って、事態は急速に動いている。


一方、私の彼女に対する気持ちは変わらず
いつかは必ず復縁するけど、どうせ復縁するならのんびりしましょう、ということで
がっついてメールをしようとも思わず
とくに気負うことなく、楽しい時間を差し上げようと方に意識を向けてやり取りしている。
これは、復縁する前からできる彼女を幸せにする行為、だと思う。

どうせ復縁するから焦らない、という気持ちが定着してきたので
ちょっとしたお誘いを断られてもへこむことはないし
メールの返事が遅くても気にせずにほかのことに打ち込める。
もちろん、返事が欲しいなぁくらいの気持ちにはなるけども。落ち込むほどではないね。
変なこと言って離れていったら、また冷却期間あければいいかなぁ、というくらいのつもり。

やり取りできるようになっても、気持ちがせかされることは少ない。

こういう気持ちになれたのは
彼女に私自身の気持ちを、変な駆け引きなく包み隠さず話をしたことによって
彼女が涙を流してくれたこと。
この瞬間に、
彼女は私のことを見捨てたりしてなかったんだな。幸せにしなきゃな。
という感情が芽生え、気持ちの落ち着きにつながった。

その後、メールのやり取りの中で
「気持ちを吐き出せる人が帰ってきた。」
なんていうセリフも飛び出したりなんかして。
お前が振ったんだろうよ!なんて突っ込みたかったけど(笑)

だから、安心してやり取りができていることもある。

いま、彼女から聞くに、
お相手は、「優しくていい人」というタイプの男性らしい。

ちょっと不満があって相談してきた際は
自分なりの常識でフラットに話すことにしているが
どちらでもいいときは基本お相手の肩を持つことにしている。
もちろん、彼女の意見も全否定することなく。

テクニック的な、少し意地悪な面ももちろんあるけれど(笑)
どうせ私でない誰かと付き合っているのであれば、その期間は彼女には好きな人を信用して楽しく過ごしてほしいなと思う。

私のもとに帰ってきたら、そんな不満もひっくるめて幸せにしてあげるから、と念じながら
彼女の相談に乗ってあげています。

しかし、彼女の恋愛相談は私の心にすごく響く。
私のいいところと悪いところが、ナチュラルに飛び出してくる。
これは、自分磨きにもすごく生かせそうだな
今日もまた、ポジティブな話題が手に入りました。

傍から見れば、都合のよい男に見られているのかもしれないけど
そんなことはどうでもいいんです。
どうせ復縁するんだから、この立場さえも将来の笑い話の一つです。
のんびり行きましょう。


⇒ 95日目・96日目に続く



===
復縁したくてしたくてたまらない、そんなあなたは「7ステップ」の購入を検討してください。
私からの特典も、おつけできます。
「7ステップ」のレビューをまず読んでください

この記事へのコメント

=====
メルマガ登録はコチラから
プラのメールマガジン
今なら無料レポートプレゼント実施中
=====