相談メールの返信③

プラです。

本日昼間にフォームからご相談いただいた方
メールでお返事しましたところ、メールが返ってきてしまいました。
私はヤフーメールから送信するので、ブロックされてしまったのではないかと推測しております。
もしよかったら、ブロック解除されるか、フリーメールの連絡先をお教えいただければと思います。

引用OKにしてありましたので
ここでその返答をさせていただきますね。






===
返答メール
===
メールいただいてありがとうございます。
かなり打ちひしがれていますね…復縁を目指されるとのことなので、がんばりましょうね。

別れたくなくて縋ってしまうのは、誰しもあること。
「復縁したい人あるある」みたいなものですから、あまり気になさらないように。

どちらにせよ、今のあなたではお相手が振り向いてくれることはありませんから
自分磨きはがんばっていかないといけませんね。

いずれは「重くなった」以外の別れの原因を探る必要はあると思います。
重いという感情はとても愛されている感情の真裏の感情なので、それだけでお別れを選択することはありません。
要因は複合的なので、その一つ一つを紐解いていくと、何かが見えてくるような気がするので

しかし、それは今やらない方がいいです。
今やると、あなたの中に負の感情がさらにたまり、NG行動に出てしまうかもしれないからです。

これは皆さんにお伝えしているのですが
まずあなたが真っ先にやることは、「やりたかったことをやってみる」ことです。

お相手がそばにいるがゆえにできないことってあるじゃないですか。
自分は好きだけど彼女はそうでもないアーティストのライブに行ってみたい、とか
彼女が敬遠していた水泳を始めてみよう、とか
それをやってみる期間なのかな、と思います。

私は、一度筋肉をつけてみたいと筋トレを始めたのが別れてすぐの時期ですし
野菜嫌いだったのを矯正してみようかな、と思ったのもこの時期です。

お相手のことが気になるのはとてもよくわかります。
でも、いまあなたがお相手にできることって「何もない」ですから
お相手のことを考える時間を、ご自身のことを考える時間に変換する訓練が必要かと思います。

それがある程度形になったころ、ネガティブな感情が少し落ち着くはずなので
その頃に、お別れの原因を突き詰めてみるのをオススメします。

もしかしたら、長く険しい道のりになる、と思われているかもしれませんが
いざ始めてみたらそうでもないと思います。
私はまだ復縁には至ってませんが、これはこれで楽しんでますから。

「前向きになれ!」というよりは「のんびり構えてたらええんちゃう?」という感じです。

メールはいつ送っていただいても構わないので
感情がコントロールできそうになかったらおっしゃってくださいね。

どうせ復縁しますから、のんびりいきましょうね。


プラ
===

「あなた」のところは、相談いただいた方のお名前になっています。


こんな感じで相談いただいた方には返信をさせていただいておりますので
自分一人で悩むのがつらいというあなたは、もし私でよければメールくださいね!

⇒ メールフォームについてはこちら

この記事へのコメント

=====
メルマガ登録はコチラから
プラのメールマガジン
今なら無料レポートプレゼント実施中
=====