復縁のネタ帳~不安に駆られるそのわけは

この記事では、復縁を目指すあなたが何度も通るであろう
不安に駆られる際の理由とその対処法を私なりに解説したものです。

今ちょうど、私が不安になっていたので
自分の頭の整理も兼ねてこの記事を書きました。
参考になる部分がありましたら、使っていただければと思います。






私の日記を読んでいただけると状況はお分かりかと思いますが
私は現在彼女と連絡を取ることも会うこともできます。
それでも、日々不安は襲ってくるものです。

私は不安が出てくると、ウォーキングによる心の浄化をやっています。
これでだいぶ不安は抑えられるのですが
心の浄化は気分を落ち着かせるための薬のようなものなので
根本解決をしているわけではないです。
ですから、別の機会に悩みは掘り下げていく必要があると思っています。

たまたま昨日、その不安が少し大きく持ち上がってきて、寝る前に目が冴えてしまったので
横になって力を抜きながら(私のいう「就寝前瞑想」の状態)
少し考えてみました。

不安:復縁が少し遠のいているような気がする
⇒なぜか⇒彼女がお相手と仲良く戻っている(←①)
⇒仲良くなるとこっちに振り向いてくれなくなる(←②)
⇒事実、メールの返信が遅くなったし、内容が事務的(←③)
⇒連絡するほどの仲じゃなくなったのではないか(←④)
⇒少し焦るような内容のメールや発言もしてしまったし(←⑤)
⇒だから彼女はもう自分のことなんて見てくれてないのではないか(←⑥)
⇒復縁が遠のいている気がする(←⑦)

本当はもう少し細かかったような気がしますが、一応こんな感じで考えを進めました。
深堀り中は、いちいち反論はせず、最後(⑦)まで考えます。アタマが混乱してくるのでね。

で、改めて考えを正してみると
①は一応事実です。一応というのは、彼女から聞いた発言なのでそうしておこう、ということです。
③も事実。これは確かにメールが減ったんです。
⑤が微妙ですが、一応の事実としておきます。

一方、②・④・⑥は、私が作り出したただ単なる「幻想」でしかありません。
別に仲良くなったからもういりません、と言われたわけじゃないですし
連絡するほど、と言っても連絡ガンガン来てますし
自分のことを見ていないかなんてもともとわかってなかったですからね。

つまり、私が昨日の夜こみあげてきた⑦の不安はすべて
私が作り上げてきた幻想からくるものだった
ということが分かりました。

彼女はこの間なーんにもしてないんです。
いつも通りの生活をして、いつも通りのスタイルで過ごしている。
なのに、私は勝手にいろんな意味づけをしている。
いま「現実にない」ことにフォーカスしてしまっているってことです。
わからないですよ、実際は彼女がどう思っているかは。
でも、それを伝えられていないってことは、それは「現実にない」ことなんです。

じゃあ今、「現実にある」ことって何かと言えば
①メールが来ている。
②電話をしている。
③そもそも彼女が近いところにいる(一緒にいるという意味ではない)。
④私自身が毎日を楽しんでいる。

こんなところでしょうか。
眺めてみれば一発でこれは絶対幸せだよねってわかる。

え?じゃあ何が不安だったの?って
んーそうだよねーってなる。

欲張るのはもちろん勝手です。人間なんだかんだで欲の塊ですから。
でも、今脚元に落ちている「現実にあること」をそっちのけにしてまで手に入れられるのか?と言われると
私は答えがNOのような気がしている
のです。

今私はそれを見失っていた。
そして、それを思い出すことができた。
おっ。さらに幸せが増えたのではないかい?

少なくとも
「現実にない」部分で妄想を繰り広げて不安になるくらいなら
「現実にある」部分で幸せを感じられる方がいいかな
って思います。

それができたら、きっと思考も変化してくると思います。
さっきの不安スパイラル
①の返答は「じゃあ彼女が幸せになるから自分も幸せかな」
③の返答は「10月から忙しくなるって言ってたから、大変なんだな」
⑤の返答は「それでも返事が来るんだからいいじゃん」
ある程度プラスに転換できるんじゃないかなって思うんですね。

でもそれはあとあとの話。
まずは幸せを感じられるような対話、してみてはいかがでしょうか。

この記事へのコメント

=====
メルマガ登録はコチラから
プラのメールマガジン
今なら無料レポートプレゼント実施中
=====