復縁のネタ帳~「頼られる人になる」ことの注意点

本当の別れの原因と自分磨きの方法を探っていく中で

今までは相手に頼ってばっかりだったから
頼れる男(女)になろう


と思われた方、多いのではないでしょうか。

私もその一人で
彼女がほかの男性のもとに行ってしまったのは
私自身が彼女に頼ってしまっていて依存してしまっていて
それを彼女に「重い」と思われたからだ
と考えていました。

だから、「頼れる男」になるべきだなって。
今でもある程度はそのように考えてはいますが

これを自分磨きに生かす際に
周りの困っている人を助けよう
と考えて行動するのは、短絡的すぎるかもしれません

>




この「頼られる人物になるために周りの困っている人を助ける」というのは
周りに困っている人がいることが大前提となります。

私も経験があるのですが
困っている人って、周りには意外と『いない』んです。
本当なら、困っている人がいない状況なんてすばらしいんですけど
こと、頼られる人物に成長したい私にとってはこの状況は不都合なんです

この段階で、すでに歪んでいます。

そこで、周りの人に聞いて回ります。
今日元気ないけどどうした?
何か困ったことはないかい?

とても困ったことがあるときは素直に話してはくれますが
ちょっと困ったくらいの話は、特別誰もしてくれません。
そりゃそうです。そんなに困ってないんですから。

度を超えると、ここから「マッチポンプ状態」に陥ります。
すなわち、困った人を助けるために、困った人を意図的に「作り上げる」んですね。

こうなると、目も当てられません。
頼れる人物どころか、トラブルメーカーとしてあなたの評価は地に落ちてしまいます。

極端かもしれませんが
これ、自分磨きで結構やってしまうことです。

私が、彼女にフラれた本当の理由として挙げた
彼女に依存して「重くさせた」ということが
実は「彼女に干渉しすぎて、結果頼りにならない状態だった」と思ったんです。
彼女に甘える、ということが
彼女を頼りすぎたのではなく、彼女に頼られようとしすぎたという事実に。

私はときどきそれを彼女の世界観という形で表現しますが
彼女は1人でいろんなことをしたかったはずなのに
私がそれを妨げつづけたのが、別れの原因の1つなんだろうと考えたんですね。

現在の「頼りになる人物」の私なりの定義は、つかず離れずです。
必要とされるときは向こうからアクションがあるから
こっちはのんびりと構えておきましょう、ということです。

もし、私と同じように
別れの原因の一つが「重い」で
頼りにされる人物になろうという風に努力をされている方
ぜひこのことを肝に銘じていただければと思います。


今日何となく
最近メールフォームからの相談が減ったなぁと思ったときに
ふと思いついたので、記事にしてみました。

参考になれば幸いです。

●おひとりで悩まずに、お話しませんか?
⇒ メールフォームについてはこちら

この記事へのコメント

=====
メルマガ登録はコチラから
プラのメールマガジン
今なら無料レポートプレゼント実施中
=====