「復縁できるかできないか」なんて議論に集中しないで。

こんばんは。訪れてもらってありがとうございます。
復縁を目指している「プラ」といいます


「復縁できますか?」「復縁できない気がするのですが?」

メールフォームには、週に3~4件のメッセージが来て
この手の内容もよく来る。

少しオブラートに包んで言うと
今、そこにフォーカスしちゃダメ!
が結論。

フラれたばかり。
人によってはすがってしまっただろうし
すがってないにしても多少は弱いところを見せてしまった
そんな弱った、後悔の念から湧いてくる感情は

復縁したいけど、オレじゃダメなんだよね…

という感情。
復縁したい。でもダメ。でも復縁したい。でも…
というループにはまっている

もちろんそんな感情であるから
「復縁できますか?」→もちろん!
「復縁できそうにないのですが?」→そんなことない!
と言ってほしいのはやまやまなのだけど

もちろん!と言われても、そんなことない!と言われても
そのあと「それでもダメな理由」を探してしまうのが
弱っている人間のやること(自分もそうだったし)。

だから、現時点で「復縁できるのかどうなのか」にフォーカスすることが誤りだとなる。

復縁できるか否かは、もっとあとでもいい。
まず傷口を閉めないと。
閉まったら、原因をあぶりださないと。
原因をあぶりだしたら、修正しないと。
ここまでやってはじめて、「さぁ復縁できますか?できませんか?」となる。



だから、フラれて間もない人が
このつたないブログにたどり着いたのならば
声を大にして

フォーカスするところを間違えるな!

と叫びたいのである。

相手のことはいったん脇に置け!
まず自分が楽しいと思えることに打ち込め!
落ち着いたら原因を探れ!それを直せ!

ここから、本当の復縁活動が始まるのだろう。
いや、もしかしたらもうそのころには復縁活動なんて興味がなくなってるかもしれない。

でもいいじゃない。
だって、自分の楽しいと思えることに出会えているよ。
あなたは成長しているよ。

成長したなって自信が顔に出るよ。行動に出るよ。
それをお相手が見たらどう思うかな?
フラれた日のあの頼りなかったあなたの印象を
変えてくれると思わないかい?

P.S
「復縁できますか?」っていうメッセージ、送ってきてくれて構わないけど
結論は一つしかないからね。

「復縁する気しかありませんけど」という気持ちで
私が1年以上復縁活動に精を出しているんだから。

復縁できるにきまってるでしょ。あきらめない限り。

=======
ブログ記事の感想、ちょっとした相談事などありましたら
直接メールフォームから私に送ってみてください
⇒ プラに相談したい方はこちら

この記事へのコメント

=====
メルマガ登録はコチラから
プラのメールマガジン
今なら無料レポートプレゼント実施中
=====