彼女の言葉を信用できなかった自分

こんにちは。プラです。
今日もメルマガを読んでいただいてありがとうございます。

――――
ふと、読者であるあなたのために
私は何ができるだろうかって考えたときに
どうもいい答えが出せないなぁと思って
忙しさと相まってメルマガを更新できずにいました。

もしかしたらもう不必要になってるんじゃないかって。

そんなときに、1通のメールをいただきました。
「更新されてないみたいですけど元気ですか?」って。


そのとき「ハッ」としました。
別れる前に、そんな状況あったなって。

ちょっと長いかもしれませんが、読んでくださいね。

―――――
ブログには詳しい経緯を出してませんが
私は2年ほど彼女と付き合っておりました。別れて1年半弱。

彼女は資格試験を控えていて、付き合っているときは会うのは限定的でした
休日でも彼女は勉強
私は喫茶店や図書館などで彼女が勉強しているのを眺めていたり
気分転換にどこかへ連れて行ってあげたりといった役回りでした。

それが3月(別れる2か月前)にひと段落して、自由に会うこともデートすることもできるようになりました
確かに私と遊ぶ時間も持っていましたが、別の友人と遊びに行くことも増えました。
ほんと、当たり前のことなんですが、当時の私は、どうもそれがおもしろくなかったようです。
「あんなに勉強付き合ってあげたのに、こっちを向いてくれないのか」って。
もっと最悪なのは、それを本人に言わず自分の中で解消しようとしたことでした。

よくある、関係性がここから崩れていくパターンです。
彼女の心は、だんだんと私から離れていくんです。

でも、離れずに済むチャンスは、いたるところに転がっていました

「タイミング悪くてうまく会えてないけど
 ちゃーんと好きだから安心してね」

あるときこんなメールが届いたことがありました
別れる1か月前くらいだったと思います。
彼女もよくわかってたんでしょうね。私の状況を。
いま思えばなんてことはない、私の心は言わなくても彼女にバレてたんです。

そのくらい、彼女は私のことを見てくれていた。
でも、私は彼女のことを見る余裕がなかった。

自分の気持ちを晴らすだけで精いっぱいだったから。
勝手に彼女の気持ちを推測して、勝手にマイナス方向の前提を作り上げていたから。


メールをいただいて「ハッ」としたのは
この気持ちを思い出したからです。


なんであのとき、「ちゃんと好き」という彼女の気持ちを信じられなかったのか
答えは出ていたはずなんです。

自分に余裕がなかった。

メルマガの件もきっと、そういうことなんだろうな、と。
人間余裕がないと、確実に自分の物差しで物事をはかってしまう
自分の物差しは自分本位の考え方だから、どうしても都合よくとらえてしまう
プラスにもマイナスにも。

そういった意味で、復縁活動の早い段階で
復縁ドッグさんのサイトと「7ステップ」に出会ったのは幸運だったと思います、私にとっては。
→ http://fukuen-challenge.seesaa.net/article/421822774.html


だってあのときは、確実におかしな方向に進んでいたから。

別れるちょっと前には、プレゼント攻撃を始めたし
連絡の回数もその1年前の倍のペースになっていた。

彼女の資格試験の勉強に付き合っていたころの「彼女にとっていいことをする」私が
資格試験の勉強が終わると「彼女に振り向いてもらうためのことをする」私に変貌を遂げていた

彼女の心を支えていたはずの連絡が、彼女の心に大きなおもりをつりさげる結果に。

それは、別れてすぐもやっぱり抜け切れず
彼女を再び私のほうに向いてもらう方法はないか、なんて探し回ってた。
テクニックでなんとかしようとしていた

復縁ドッグさんのサイトはそこでたまたま見つけ出しました。
そこの記事を読み漁って
「テクニック論ではない、復縁の本質を身につけないとダメだ」と気づきます。

「7ステップ」もそのときはじめて知って、悩みましたが購入することにしました。
お金を出して手に入れたものですから、必死で読んで身につけようと努力しました。
(メール相談の内容は、ここから多少の影響は受けていると思います。)


もし「7ステップ」に出会ってなければ
今ごろ再起不能状態に陥っていたと思います。

巷にあるテクニックを駆使して面倒なメールを大量に送って
ブロックや着信拒否状態だったろうなぁと。
なんせ、振り向いてもらうことだけにフォーカスしてましたから。

それを抑えてくれただけでも、私にとっては「7ステップ」を購入した価値があるわけです。
自信は戻って来ませんでしたが、余裕はもたらされましたから。

―――――
こうして考えると、別れの前兆ってあるものです。
「唐突な別れ」ってないんですね。

何かしらの不満があり、積み重なって爆発するとか
どうしても譲れない「地雷」を踏んでしまうとか
あとから考えればあれだったなって思うことは多々あります。

じゃあそれを直せばまたうまくいくようになるのか。
もちろんそれはまた別問題だと思います。

でも、少なくともその部分を直さなければ、前には進めない。
なぜなら、その部分があなたの「ウイークポイント」だし「余裕を失う原因」だから。
もし復縁をあきらめて別の人と恋愛をするとしても
その「ウイークポイント」は再度あなたの恋を邪魔するだろう

なぜ別れることになってしまったのか。
復縁を本気で目指す身なら
頭の片隅には常においておく必要があるでしょう。

―――――
あのときなんで彼女の言葉を信用してあげられなかったのか。

・「そばにいて当たり前」感覚
・「自分に自信がない」現象
・「わかりやすい愛情表現」熱望

私がいま思いつく感じだとこのくらいです。
3つはだいたいリンクしますけどね

だから私は、自分に自信を持たせるような行動を起こすことにしたんです
細かい話はもう書く気はないので(笑)

=======
ブログ記事の感想、ちょっとした相談事などありましたら
直接メールフォームから私に送ってみてください
⇒ プラに相談したい方はこちら

この記事へのコメント

  • L34

    私もまさにこの負のスパイラルに陥り、彼女から別れを告げられる結果になってしまいました。
    2週間前の事です。
    2017年04月30日 04:21
=====
メルマガ登録はコチラから
プラのメールマガジン
今なら無料レポートプレゼント実施中
=====