頼られることにステータスを感じると起こること

こんにちは。プラです。
今日もメルマガを読んでいただいてありがとうございます。

――――
人にうまく頼ることができないのが私の性格で
仕事でもプライベートでも
基本的には自分でできることを全部自分でやっちゃう人です。

彼女に対してもやっぱりそうで
相談には乗るけどこちらから相談はしない、みたいな関係性でした。
会話はたくさんしましたけどね。

でもそれでよかったわけです。彼女は資格試験の勉強してるわけだから。

資格試験はひと段落すると、彼女が私にしていた相談の一つの大きなネタが消えました。
それを「自分の存在価値がなくなってしまうのでは」と危惧する私
本人に聞けばいいのに、頼り方がわからなくて勝手な妄想を膨らませるわけです。

結果、彼女のしてほしかった方向とは別の方向へ走った私は
別れを告げられてしまうわけです。

―――――
表面上の別れの原因と、本当の別れの原因って
結構ちがうものです。

私が彼女と別れる原因となった表面上のものは
彼女の他好きでした。

気になる男性ができたというのが彼女から別れるときに聞いた理由。
結局彼女はその男性と「すぐに」お付き合いを始めることになるのですが…

再会したときに聞いたその男性の長所は
・年上 ・いい人
この程度しか出てきませんでした。
今考えても、なぜその男性にとられちゃったのかわからないくらい(笑)

ということは、他好きは「別れを決意したあとの話」ということなのでしょう。
(そこまで詳しくは聞いてないですけどね)

彼女の気をひこうといろんなことをしましたが
それが結局「テクニック」に見えてしまって
「心から私を見てくれている」という気持ちにならなかったのでしょう
これがきっと、私への信頼感や安心感を薄めてしまった。

そこへ
・年上 ・いい人
という微妙なスペックの人が出てきた。

でも、いま付き合っている彼氏は最低のスペックだから
それに比べればキラキラ輝いて見える、ということだったのでしょう。

だから、別れを決意した本当の理由は
彼女のことを見ていたつもりが「別れたくない」という自分の気持ちを最優先にしていたのだ
ということなのだと思います。

「思います」というのは、これを本人に直接聞いて答えが返ってきたわけではないから。
どうせ、聞いても1年前のことなんて覚えていないだろうし
ここまで考えてフッてないと思うから。

自分の気持ちでとどめておけばよい、という発想です。


―――――
私にとって救いなのは
付き合っていた2年と少しのうち、彼女の印象を悪くした期間が「と少し」の期間だけだったことです。

まがいなりにも、2年弱は彼女のほうをきちんと向いてお付き合いをしていたようです。
その関係をぶっ潰したのは、「と少し」の期間で私が自爆行動を連発していたから。

別れてからは「7ステップ」によって自爆行動をきっちり封印できていたので
「と少し」の悪い印象は少しばかり薄れていたようでした。
→ http://fukuen-challenge.seesaa.net/article/421822774.html

それは、再会してからのメールのやり取りで
「相談相手が返ってきた」というメッセージを受け取ったときにそう思いました
最近では、彼女が前の彼のことを思い出すときに
「悪いことしか思い浮かばない」と発言したことからもそうでした
前の彼は彼女にとっての相談相手になり切れなかったんだな、と感じました。

結局、形はどうあれ「他好き」でフラれるほうが
関係性を戻しやすいのかもしれません。
まぁこれはまた別の機会に。


―――――
人に頼ることができないという性格が
「人のことを信用できない」「強がって自分を大きく見せたい」
という理由からくるものであるとしたら
そんな変なプライドはさっさと捨てるのがいいよね、ということで

最近はバンバン相談したり手伝ってもらったりします。
彼女に対しても例外ではなく
いろんなお仕事やくだらない調べものとかをやってもらっています。

人に頼らないのは「自分にしかできないとプライドを持ちたいところ」だけと決めています。

もちろん、毎回そんなうまくいくわけじゃないので
変なプライドを前面に押し出すこともありますけどね。


復縁活動をしていて、もっとも厄介だと思ったのは
「お相手のため」という大義名分の下で「自分の欲求を満たす」行為に及ぼうとすること
でした。

私の心から絶えず湧き上がっていたのは
「季節の変わり目だけど体調崩してないかな、心配だな。メールでもしてあげようかな」
というこれです。

私は冷却期間中に彼女の誕生日は通過しなかったので、誕生日メールでは悩みませんでしたが
相談内容にはこの手の話が多くあります。

「誕生日にメール(LINE)をしなかったら、相手がショックを受けたり、薄情ものだと怒ったりしませんかね?」
というこれ。

私も心が揺らいでいたときは至極当たり前の思考だと思っておりましたが、冷静になってみるとちがいます。

「いやいやあなたが連絡したいだけでしょ」
自分の欲求を満たそうとする行為なんです。

誕生日LINEくらい送っても送らなくても構わないんですよ。
でも、やっぱり送る前に

「本当に、お相手のためか?」

という自問自答は、しておくべきだと思います。
絶対、自分の欲求だけで行動しちゃダメなんですよ。

肝に銘じて損はないと思います。
真の意味でお相手のためになれるように、今はあなたにどんな行動ができるでしょうか。



=======
ブログ記事の感想、ちょっとした相談事などありましたら
直接メールフォームから私に送ってみてください
⇒ プラに相談したい方はこちら

この記事へのコメント

=====
メルマガ登録はコチラから
プラのメールマガジン
今なら無料レポートプレゼント実施中
=====