7stepが読み進められたので続きを書きます。

こんばんは。訪れてもらってありがとうございます。
復縁を目指している「プラ」といいます

頭が痛くてしょうがない。体調がさほどよろしくないのに。
なのに、なに「7step」なんてのんきに読んでるんだよ!なんて自分自身でも突っ込みたいところですが。
→ 復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
→ 復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
なんだかこの瞬間だけは集中できるというかなんというか。
ある意味心の拠り所なのかな、と思いながら読んでいます。静養中です。

前回の記事の続き。
→ モヤモヤした気持ちになったの
改めて7stepを読んでみることにしました。


復縁で失敗する人について語られた後はいよいよ
復縁成功に必要なものが語られます。
復縁を成功させるために必ずもっておかなければならない、意識しなければならないことがいくつか綴られています。
私が常々書かせていただいている内容も、プロらしくより分かりやすく書かれているという印象ですね。

ここの章に限らず、このマニュアルの中にはしょっちゅう
あなたは、どちらの方向を向いていますか?
ということを問いかけてきます。
復縁をしたくて前のめりになっている人に対して、それだけ今向いている方向が違うぞということを伝えたいのでしょう。

私は現状復縁こそしていないものの、相手の連絡を自然にできるようになったのは目線が「自然と相手に向いた」ときでした。
「連絡を取りたい」から「連絡が取れたらいいな」へ
さらに「相手のタイミングでくればいいかな」へ変換したころ、連絡が来ました。
連絡を再開したときでも、変に前のめりになっているときにはやはり警戒されていたのかちょっと連絡がずれていきましたが
「相手のことを考えて」やり取りしていると、なんとなく自分のイメージと同じようなやり取りができました。

「変に前のめり」とは、今思えばそうですが、当時はそれが普通だと思っていました。あるとき「はっ!!」と気づくのです。
7stepでは、「あなたは前のめりだ」「あなたは今自分目線だ」ということをしょっちゅう叩き込まれるので
「変に前のめり」になる前に気づかせてくれるんです。
復縁活動初期で、無用な連絡をせずに相手から拒否状態にされずに済んだのは、7stepの力非常に大きいです。

なつかしいなぁ…連絡がしたいとサポートに伝えて何度も「No!!」と言われた日々(笑)


続けて語られる復縁の本質
ほんの数十ページ前に身体をえぐられたばかりの私に、さらに追い打ちをかけるようにムチでしばかれる衝撃を受けることになります。

重要な言葉はたった一言しか書かれていないのですが、その言葉が重い。ストーンウォッシュ並に重い。
オー神よ、私はこれからどうすれバインダー!

次のページには、「では私のいくつかの質問に答えましょう」とあります。
ここまで打ちひしがれた私に救いの手が…みたいな感じ。
こうなるとなんだかヤバい宗教のようですが(笑)


実は、7stepはこのあと折を見て「ワーク」が入ります。
ワークとは、与えられた質問にできるだけ多くの項目で答え、それを書き出すという作業です。
はじめは書くのがなんだかこっ恥ずかしいのですが
別に誰も見るわけじゃないし、どんどん書き込んだらいいんですこんなもの。

私もこの章のワークを改めてやってみました。
当時の気持ちや彼女との関係など、忘れている部分もあるなぁとなんだか初心に帰ったような気がしていいものです。

全部やるのは結構時間がかかるので、そこは気合を入れてください。

→ 復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
→ 復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法


ワークが完成したらまた続きを!

=======
ブログ記事の感想、ちょっとした相談事などありましたら
直接メールフォームから私に送ってみてください
⇒ プラに相談したい方はこちら

この記事へのコメント

=====
メルマガ登録はコチラから
プラのメールマガジン
今なら無料レポートプレゼント実施中
=====